トヨタ期間工のまとめ

TOYOTAの工場で働きたい人必見!
給料・仕事内容・面接突破術などなどノウハウをバッチリご紹介します。

トヨタ期間工の給料事情【他の自動車メーカーと比較検証!】

トヨタの給料は他のメーカーと比べて高いのか安いのか?

トヨタと比べられがちな、日産・マツダと比較してみました。

トヨタ期間工の給料事情

2017年の自動車メーカー年収ランキングを見てみると、トヨタは例年通り1位で 831.9万円でした。

これはあくまでもトヨタ全体のデータです。期間工であっても給料が良いのか気になるところですよね。

トヨタ期間工の契約期間は1~2回目までは3ヶ月更新、3回目以降は半年更新となります。

契約満了日以降の生産を見越してと、契約社員の勤務態度や成績、体力などを考慮して、最大で6回更新できます。

給与はひと月21日勤務の場合、残業手当等含めて281,090円です。

トヨタ例:21日勤務・残業手当付き 281,080円

契約満了日まで無遅刻無欠席で勤め上げれば満了慰労金と満了報奨金、計3,064,800円が支給されます。

また、契約更新ごとに日給がアップしていきます。基本的に土日は休みで、年末年始などはしっかりと休息を取ることが可能です。

日産期間工の給料事情

年収ランキングで2位の日産の平均年収は前年より2万円アップ、10年間を振り返ると100万円以上上がっています。期間工は月給制でなく時給制となっており、追浜工場勤務の場合1時間1,200円です。

日7.75時間勤務とすると日給は9,300円、ひと月20日勤務だと月給は186,000円となります。

しかし、残業手当や深夜手当、休日出勤手当など、様々な手当てを含めると、月収は342,673万と跳ね上がります。

さらに満了慰労金や経験者加算などもあるため、長い期間勤めると年収が上がっていくのが普通です。

マツダの給料事情

マツダは平均年収680.3万円で6位なものの、深夜手当が高いことと、ランキング上位の自動車メーカーより業務が少し楽というところで期間工に人気です。

日給制で1日当たり8,020円、6ヶ月ごとの契約更新となり、2回目の更新以降は日給が9,130円、更新最終回の2年6ヶ月以降は10,250円と上がっていきます。

それから、深夜手当は50.596%、休日出勤手当が40%、時間外手当が30%割り増しされます。

また、早朝と夜間も割り増し賃金が支給されるので安心です。入社祝い金や満了慰労金は欠勤するともらえないため、何としても頑張りたいところですね。